忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

どちらかというと「海」派です

e93a2b36.jpeg

でも、どうやら「山」の方が体質にあってるみたいです
6d0bd058.jpeg

「パラダイスカラサワ小屋」と
「奥穂高岳」の
日記かきたいけど・・・

あんまりPCの調子よろしくないので・・・
また今度。

明日から「燕岳」「常念岳」!
画像だけフリッカーに移したので。

山に興味がある方はどーぞーーーーっ!

http://www.flickr.com/photos/eri-sa/sets/72157624735063874/

近いうちココいくぞっ!
037c09de.jpeg

b7cc0a63.jpeg

山でおもったこと。

★私は自分の能力を信じ切れてない。
過信はゼッタイだめだけど、、、
もう少し自分を信じてあげるべきだ。
というか、体力&能力と精神力に差がありすぎる。
ココロが弱い。

★困ったときになぜか、いい出会いがある。
なんか、いろんな人に迷惑をかけ、支えられてるな。
そんな人たちにお礼に
笑いとか、元気を与えられる、
いつまでも無邪気な人でいたい。

7967e20c.jpeg
PR
初の3000メートルに立った日の夕暮れ時。

穂高岳山荘にて。

R0011830.JPG

きのこみたいな雲がにょきにょき生産され始める。
うわーーーキューツな雲♪
と眺めていたら・・・

4つくらいあったきのこが合体!
ひとつのデッカイきのこに。

IMG_0257.jpg

どんどんどんどん。。。成長していき、
真っ赤に。
私の撮った画像では
この素晴らしさが表現できないのが残念だ。

「かなとこ雲(金床雲)」と呼ぶらしい。
積乱雲が発達し
雲があれ以上上に行けないと平らになるみたい。
あの下は、雷雨の場合が多いらしい。

なんつうか、自然美。自然のエナジー。

素晴らしくイイ時間が過ごせたな。

3000Mの山の上では
映画館もないし、花火もない。
街にあるような娯楽はないけど、

そんなのなくても、
壮大な自然の中で、
人間て充分楽しむことができるんだな
と、心から思った。
IMG_0260.jpg

この夜、ちょうどこの雲のあった場所で
雷が光ってたのだけど
街ではみられない稲妻だったな。

たとえると
「びわ湖大花火大会」の最後のフィナーレ!

今年は花火みたぞ♪って気分になった♪

私、穂高連邦すきだ。

登山日記はまた後ほどー。

 
81536be3.jpeg

ダウンヒル用のマウンテンバイク借りて
輪行袋に入れて
八瀬から比叡山行きのケーブル乗って

比叡山で
ダウンヒルしてきました。
初挑戦!!!

アグレッシブで本気にマウンテンバイクやってる三人の男子
+
八瀬駅でバッタリ逢った
ジェームス
+
私、ともみちゃん


いきなりの上級コース。。。

彼らの言う「ロングコース」

初っ端から。
ありえません。
あんなとこ乗って降りれません。
スノーボードで言う
「急斜面でのタイトなツリーラン」

あの・・・・・・・私ら・・・・・・
マウンテンバイク・・・初心者・・・
バイクをもって足で下ることも難しい。

いやー、、、最初はビビリまくりで
乗れるきがしませんでしたわ。

でもでも私、自転車は負けず嫌い!
なんか行けそうな気がする。
んだけど・・・ビビルんだな。

急斜面過ぎて、ココからはのれるんじゃない?
ってとこからは、ほとんど乗っておりれました~~たぶん。
ゆっくりだけど。

怪我もなく無事に下山。
fff20f25.jpeg

タノシイ。タノシイ。タノシイ。

彼らのように激しく爆走できないけど。

タノシイタノシイタノシイ。

どーしよー。
f0488c2a.jpeg

マウンテンバイクが・・・ほしいではないか。

どーしよ。
79263ef9.jpeg
御在所岳 (ございしょだけ)1209.8m
累積標高差 約850m
歩行距離  約8km
往路  中道登山道
復路  国見尾根 裏道

中道登山口出発10:30
到着16:30

ネットで登山コース検索した結果
上記に決定○
ただし、ロープウェイ山上駅までしかいかなかった。
望湖台まではやめた。
どうもピークハンターではないみたい。

いい風景、おもしろい場所めざして
登りたい、歩きたい人!私。
P6104361.jpg

では出発!
P6104364.jpg

5e864779.jpeg
15分?20分?くらい歩けば・・・
ところどころ現れるデカイ石!
これだけでビックリなのにー
 
P6104396.jpg 7201fcee.jpeg

負レ石 に地蔵岩。。。
いちいち感動して登ってみたくなるから・・・
まったく前にすすみません。

なんていう岩かわすれたけど
若い男子が登ってたので~
私らもまけずにイエーイ☆
P6104391.jpg

画像じゃわかりにくいけど・・・・
プチ西穂高。
滑ると死ねる。

途中の登山道、「最近運動不足やねん」と
遅めやった二人・・・
なぜか岩場になると
超ハヤイ!!
9aff5973.jpeg
まーまー本気めなキレットありーの。
P6104389.jpg
あひるの足みたいな葉っぱありーの。
P6104403.jpg
りんどうありーの。
P6104425.jpg
なまえのかわらないお花ありーの。
P6104400.jpg
また岩ありーの。

そしてサプライズ。
P6104402.jpg
去年にソロ登山@伊吹山で見かけた二人にバッタリ。
個性的なので、見覚えがある!
と 声をかけました。
記念撮影~なんかうれしーーー。
「またどこかの山で♪」と、さよならして。
途中の絶景は石の上でランチしてー、到着○
P6104408.jpg
こっから10分くらいでもう少し上までいけるんだけど
「暑いしもういっか!」の
三人意見一致で~
アイス休憩のち~

下山出発☆
P6104427.jpg
国見峠をとおって国見岳、
国見尾根を通るコース
P6104409.jpg
行きはスリリングでだったけどー
この帰りもいーよー
中道ピストンもったいない!
是非、帰りはこのコースで帰ってほしい!
P6104418.jpg
「オラに元気玉を~~~っ」

P6104431.jpg P6104437.jpg
P6104440.jpg P6104443.jpg
天狗岩&ゆるぎ岩
1253316_11622707_35large.jpg

文章じゃ説明できない。
(めんどくさくなってきた;;)

なので行って下さい!
大人のアスレチック山です!

あ、帰りの登山道は、これ登山道????みたいな
山の中歩きます。
P6104454.jpg
いっきにガーーーっと駆け下りる感じ。
あっというまに
ゆるぎ岩と天狗岩が上の方!

裏道コースは
2008年の土砂災害
http://www.cbr.mlit.go.jp/kawatomizu/pdf/080902gouutaiou.pdf
以来、ダイブ整備されたみたいだけど
まだまだ傷跡が・・・
こんな石が土砂ったと思うと・・・おそろしい。
P6104458.jpg P6104457.jpg
藤内小屋は4月から建て直してやってるようです。

こっからキレイな水が流れる川沿いを歩きます。
P6104470.jpg
途中、足を冷やして~
休憩。

P6104466.jpg
いい絵の二人。
(注:カッポーではない)

K子さん。下りBダッシュ。ハヤイ。

まもなくすると・・・

なぜか川の色が。。。。。。。。。黄色い!
なんで?なんで?なんで?
P6104477.jpg
水は透明でした。
でも川底にへばりついた黄色いのんさわると・・・
「鉄」ぽいにおいが。
なんなんでしょーか?この現象・・・。
温泉???
わからないまんま・・・ゴール☆
1253316_11623422_175large.jpg
ではなくてー
P6104480.jpg
こっから中道登山道まで道をあるくのです。
P6104481.jpg
トンネルくぐって。
20分くらい歩いて~
車を停めたところでゴール☆

ズレ気味な「ハイタッチ」。

帰りは~
「湯の山温泉」で汗をながしてー。
P6104484.jpg
夕日みて。
新婚さんの愛の巣たちよって~
王将よってー

充実した1日でしたー。
ありがと。

photo
http://www.flickr.com/photos/eri-sa/sets/72157624131203557/
 
リトル屋久島でした。

最近、雨女@山 疑惑。
ここまでくるとみとめます
だって、京都市内雨の気配なかったもん。
でもね、山頂の強風と景色見えなかったこと以外

山の中は昨日のお天気正解でした。
あ、このコースに関してはね。
b0e0f03f.jpeg
ホントはね、比良駅スタートかガリバー村スタートの
コースにいきたかったのだけどね
時間的に無理なので
地主神社の坊村登山口→御殿山→武奈ヶ岳のピストンと
最短であろうコースを選択。

登山口到着したら・・・下で・・・
「寒い」 11℃ってないわ。
防寒着&ザックカバー忘れる。最悪。
ま、いけるとこまでイキマショー!
66744847.jpeg
最初の半分は・・・植林?杉ばっかのコース、しかも急登。
15分もしたら飽きます。
また悪い癖で・・・帰る?やめとく?みないな。
060f7abc.jpeg 4f5782ac.jpeg c932c82a.jpeg
でもたまに現れる、こんなやつ!あんなやつ!に癒されて頑張る!
a6d7d3b3.jpg 18347b80.jpeg
なぜだか一部苔畑!!!
この現象がとても理解できなかった。なぜなの?

植林地帯?すぎると。。。
「うわ!私、屋久島に呼ばれてる・・・?」
43bb5991.jpeg 9ccf55d5.jpeg 51f9a076.jpeg
なんとまー☆すてきなこと☆
これ雨正解でした!
負け惜しみじゃなく。
ここ小雨降る中・ミストの中あるいてほしい。
7e3a2740.jpeg
黄緑色がイキイキ!!!
ba492505.jpeg
たまにニョキニョキ!!!

いやされました。

御殿山すぎてワラビ峠すぎたら
視界がいっきにひらけます!
そして・・・・強風。。。
ありえへん。
あのときの立山?御嶽?ニセコといっしょやん。
私、実は強風女???

山の音「ゴー ボー ビュー」に怯えながら
おっと、もうちょい下でレインウエア着とかなあかんかったんちゃうん?
みたいな。
ここ気温一桁やで、冬やで。
そしてこの強風!!!
「低体温症」の記事を思い浮かべながら。
また、ひとつ賢くなりました。

9ed2987c.jpeg
ほい、山頂。
2時間5分。

滞在時間・・・5分。
ささ、おりましょー。

同じルートを通って。
1時間30分で下山。

上で飲みたかったコーヒーも。
おりた川のとこで。
e06471a3.jpeg
使ってみました。

次はガリバー村からの八淵の滝通って行きたい!
たぶん夏だととっても涼しくってイイと思う。

 
1  2  3  4 
calendar
06 2019/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
link
profile
HN:
erisanon
性別:
女性
search in blog
photo
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing items in a set called iriomote & taketomi. Make your own badge here.
アクセス解析
Admin / Write
忍者ブログ [PR]